2014年入社

所属:e薬局ながお

職種:管理薬剤師

e薬局グループに入社してから

大学を卒業後は病院、ドラッグストア、調剤薬局を経験した後、e薬局グループへ入社しました。

e薬局グループではノルマや採算を優先した会社からの強制的な指示はなく、患者さん第一の理念のもと、現場で患者さんの為になる仕事を優先して行います。

その為、現場で患者さんや地域の方の為に良いと思った取り組みなどすぐに導入することができ、地域に密着した薬局づくり、在宅医療、他職種連携の為の地域会議などにも自由に出席でき、他職種連携にも注力できます。

薬剤師としての職能を十二分に発揮できるので、医療人として成長している実感は勿論、何よりも患者さんへ貢献することができるのでとても嬉しく思います。

業務内容

午前中は外来業務、午後からは在宅医療が中心です。門前医療機関が精神科で、患者さんそれぞれ薬の量が多いので、当たり前のことですが、監査にも十分気をつけることと飲み合わせのチェックを必ず行います。

在宅医療については、どのように薬の効果や副作用が生じているのか確認することで薬物療法に問題がないか、医師にフィードバックを行います。薬学的観点から提案する事が在宅医療においては重要です。コンプライアンスが悪いからお薬カレンダーを設置する、残薬チェックだけ行うなど「取りあえず行う」だけでは患者さんのQOL向上には繋がりません。

薬剤師として患者さんのQOL向上する為には、医師の処方意図、患者さんの背景などを理解する努力が必要です。

学生の方へメッセージ

私自身の経験上ですが、会社の指示だけで働くのではなく、自分で考えて行動できる、その自主性を育ててくれる環境があると医療人として大きく変わります。

薬剤師の仕事は患者さんからも他職種からも感謝されます。薬剤師として職能を発揮し、会社のノルマの為ではなく患者さんや地域の健康を守る薬剤師になってもらえると嬉しく思います。

焦らずにコツコツと頑張ってください。

③

管理栄養士との連携

精神科のお薬は太りやすく高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病に繋がりやすいです。管理栄養士と連携して食事面でも相談に応じ、予防医療に取り組んでいます。

②

患者さんのQOL向上の為に

精神科でも他に内科系の様々な疾病をお持ちで、生活習慣病などの薬を服用されている患者さんも多くいらっしゃいますので、飲み合わせには細心の注意を払い、副作用など経過観察も欠かさず行います。