自ら考え、自ら行動できる人財育成

超高齢化社会へ向かっている中、地域包括ケアにおける健康情報発信の役割を担うことになる薬局は「医療人として患者さんの期待に応える」ことが多くなります。患者さんは自分にとって意義のある薬局へと選択し始めています。当グループでは「自ら考え、自ら行動できる」人財を育成するための教育制度を導入しています。

 

新入社員研修

医療人、社会人として「自ら考え自ら行動できる」ように基礎を培います。

新入社員研修では同期たちとグループワークを中心とした座学を行います。主体性、協調性、論理的思考を高めるとともに同期たちとの絆も深めます。

タイトルなし

社会人基礎力

経済産業省の推奨するどの業職種にも求められる3つの能力、12の能力要素を時間を掛けて基礎を身に付けていただき、実践へと落とし込みます。

新入社員研修2

グループワーク様子

グループワークを行うことにより人それぞれの感性などに触れます。また、同期たちとの仲も深まり、研修終了後に飲みに行く人や休日遊びに出かけたりしています。

新入社員研修3

救急救命(MFA)

緊急の際に医療従事者として目の前の人を助けられるようにと10年以上前から導入している研修です。MFAインストラクターの資格を取得したスタッフもいます。

集合研修

e薬局グループの集合研修は、「コミュニケーション能力の向上」と「他店舗スタッフとの交流」も目的にグループワークを多く取り入れています。現場スタッフが講師を務めることもあり、現場で役立つスキルを習得できます。e薬局グループでは年間を通じて、現場で活きる様々な集合研修を行うことにより、医療人としてのスキルアップだけでなく、企業人としてのスキルも身に付きます。

 

集合研修1

ファーマシューティカルコミュニケーション

薬剤師がファーマシューティカルケアを行うプロセスで必要なコミュニケーションを外部講師を招き学びます。

Physiko

バーチャルフィジカルアセスメント

フィジカルアセスメントトレーニングモデルのPhysikoを用いてバイタルサインの勉強も行います。
他職種と円滑な連携ができるように必要な知識なども集合研修に導入しています。

集合研修3

在宅医療 事例発表

各店舗で取り組んでいる在宅医療の手法等を共有して更なる強化を図ります。